ジーンズを通販で買う手順

ジーンズを通販で買う手順

ジーンズを通販で買う手順 ジーンズを通販で買う手順としては、他の洋服を買う手順に比べて特に違いがあるわけではありません。もちろんウインドウショッピングをするように、のんびりいろいろなショッピングサイトを見て回るという方法もあるのですが、気に入ったジーンズをさっさと見つけてスムーズに購入したいという時には、どうすればよいのでしょうか。

自分の寸法を測る

ジーンズを素敵に履きこなすためには、ジャストサイズのものを選ぶことが大切です。この場合のジャストサイズとは、必ずしも体にフィットするということではなく、スキニーのようにタイトなデザインのものは体にフィットするように、ボーイフレンドデニムやバギーなどゆとりを持って履くものは適度なゆとりがあるように選んだサイズのことです。販売しているサイトによって、ジーンズ自体を測った寸法が書いてあったり、適した体型のヌードサイズを書いている場合もあるのでよく読んで選ぶようにしましょう。一般的には、ジーンズの場合はジーンズそのものの寸法を書いていることが多いようです。

もちろん自分の体にメジャーを巻いて測っても良いのですが、おすすめの方法としては、手持ちのジーンズの大きさを測るというものです。できればストレッチではないもので、体にフィットするタイプのジーンズで測ればかなり正確にサイズを測り取ることができます。ゆとりを持って履きたいデザインのものは、同じくらいのゆとりがあるジーンズを測るようにするとイメージしやすいでしょう。なければフィットするデザインのものにゆとりぶんの長さを足しておくとよいでしょう。


ジーンズのサイズ

ジーンズのサイズはいくつかの箇所をはかります。基本となるポイントは決まっているので、手持ちのジーンズで以下の6点を測っておくのがおすすめです。

  • ウエスト ファスナーとボタンを閉じた状態で前後のウエスト部分を揃えて床に置き、両端の長さを測って2倍します。
  • 股上 フロントを上にして床に置き、股の十字になった縫い目の部分(股合わせ)からウエストの部分までを測ります。
  • ワタリ 股合わせの部分から5cm程度下の部分を水平に測ります。いわゆる太ももの太さを見るための数値です。
  • ヒップ バックを上にしておき、股の部分から8~10cm程度上の部分を水平に測って2倍します。
  • 股下 股合わせから裾までの長さです。
  • 裾幅 裾の左右の長さを測ります。

欲しいジーンズを検索する

ジーンズのサイズ ネット通販の場合、販売している数が膨大であるために、なんとなくジーンズを探していたのでは好みの商品にたどり着くまでにかなり時間がかかってしまいます。できれば検索機能を駆使して効率よくジーンズを探しましょう。自分が欲しいジーンズのデザインがどんなタイプなのかを決めてからのほうが、探しやすくなります。たとえば、スキニーであれば「スキニー」で検索すればスキニージーンズばかりが表示されますので、その中からさらに色や価格で絞り込めばよいのです。ストレートやブーツカットなど、デザインでも検索できますし、もちろんブランド名でも検索は可能。できるだけ細かく絞り込んだほうが見つけやすいかもしれません。

サイズや在庫の確認

気に入ったデザインのジーンズが見つかったら、自分のサイズがあるか確認しましょう。せっかく好みの商品が見つかっても、自分のサイズが売り切れだったというのはよくあることです。なければ、別のショップにはあるかもしれないので再度探します。その際に、メーカーや型番などを入れて検索すれば、そのジーンズばかりが表示されるので、在庫があるところをスムーズに探すことができます。人気のジーンズや、標準体型のサイズはどうしても売り切れになりやすいので、あきらめずに探すことも大切です。

商品が見つかったら

商品が見つかったら、ショップのシステムにもよりますが、楽天やアマゾンなどの大手ショッピングモールではたいていまず「カートに入れる」をクリックして店舗のカートに入れ、そこから購入手続きに移ります。支払いは振り込みかクレジットカード、代引きなどが一般的ですが、振り込みや代引きの手数料は購入者が負担するのが一般的です。レビューなどを見て問題ない店舗であれば、クレジットカード決済が最も早くて手数料もかからないのでおすすめです。逆に、どうしてもここの商品が欲しいのだけれど、ショップレビューを見ると不安があるという場合には、手数料を払っても商品と引き換えにお金を支払う代引きにしておくと安心です。